私の思い まちづくり・経済・交通 総務・人事 議  会 教育・文化
福祉・医療 平和・交流 その他 総合メニュー

総務・人事

(No.381) 2013年11月13日 『精神系の疾病による長期病欠者』

(No.372) 2013年5月23日 『広島市の組織について』

(No.365) 2013年3月27日 『平成25年度予算について』

(No.357) 2011年10月21日 『平成22年度決算について』

(No.348) 2011年3月3日 『新年度予算の欺瞞』
(※追伸(予特の開き直り答弁))

(No.313) 2010年6月25日 『秋葉市長の海外出張』

(No.284) 2009年12月1日 『湯広島県知事の本』
(※追伸(広島県の経営戦略会議について))

(No.271) 2009年 4月22日 『新規採用職員を迎えるに当たって』

(No.260) 2008年12月22日

『財政運営方針について(Part3)』


(No.259) 2008年12月19日

『財政運営方針について(Part2)』


(No.258) 2008年12月18日

『財政運営方針について(Part1)』


(No.250) 2008年10月29日

『平成19年度決算について(Part4)』
(※11月10日追加1(言論封じではないか))
(※11月14日追加2(私の市政報告))


(No.249) 2008年10月24日

『平成19年度決算について(Part3)』


(No.248) 2008年10月14日

『女性副市長の登用とICT関連予算の削減』
(※参考(秋葉市政における否決・修正可決等の議案一覧))


(No.247) 2008年10月8日

『平成19年度決算について(Part2)』
(※10月9日追加(『今後の財政運営方針』の計画目標))


(No.246) 2008年10月2日

『平成19年度決算について(Part1)』
(※追伸(決算説明の内容))


(No.243) 2008年 5月7日

『広島市の人事(Part3)』
(※追伸(広島市現代美術館長について))
(※5月12日追加(奥田民生ライブと市民球場))


(No.242) 2008年 4月22日

『広島市の人事(Part2)』


(No.241) 2008年 4月11日

『広島市の人事(Part1)』


(No.233) 2008年 2月26日

『朝鮮総連関連施設の課税減免について』
(※追伸(みこし連総会の動き))


(No.231) 2008年 1月11日

『広島市の財政事情(その3)』
(※1月15日追加1(「夕張化」という言葉))
(※1月15日追加2(都市政策の模倣))


(No.230) 2008年 1月10日

『広島市の財政事情(その2)』


(No.229) 2008年 1月 8日

『広島市の財政事情(その1)』
(※追伸(G8下院議長サミット))


(No.226) 2007年12月27日

『現球場跡地の利用について(その2)〜開設50年の歴史〜』
(※追伸(派遣職員へ不当支出の疑い))


(No.203) 2007年 2月 1日

『適正価格と適正品質について』
(※2月6日追加1(『唾棄すべき政治家』との発言)
(※2月7日追加2(新球場の入札行為))
(※2月8日追加3(呆れた市長日記))
(※2月9日追加4(みこし連ホームページ))
(※2月13日追加5(下劣な人事政策))


(No.197) 2006年12月26日

『市長の退職金について』
(※参考(秋葉市政における否決・修正可決等の議案一覧))
(※追伸(拉致問題への対応))
(※12月27日追加(リーダー不在))


(No.196) 2006年12月 8日

『新球場建設について(Part5)』
(※12月18日追加1(現市民球場の発祥))
(※12月18日追加2(人材の育成・活用)
(※12月18日追加3(政党本位の選挙))


(No.193) 2006年11月17日 『新球場建設について(Part3)』
(※追伸(財政局長のセミナー))
(※11月20日追加(広島の官製談合)

(No.192)2006年10月31日 『新球場建設について(Part2)』
(※11月4日追加1(市長の海外出張))
(※11月4日追加2(広島ドッグパーク))
(※11月7日追加3(人事評価))

(No.187) 2006年 8月24日 『新球場の建設費について』
(※8月31日追加1(前道路交通局長(現代表監査委員)を送る会))
(※9月1日追加2(サンマリンスタジアム宮崎の事業費))
(※9月1日追加3(続・前道路交通局長(現代表監査委員)を送る会))

(No.186) 2006年 8月22日 『地方自治とは何か』

(No.182) 2006年 8月 3日 『自殺対策基本法について』
(※追伸(安全・安心への取り組み))

(No.179) 2006年 7月20日 『自治体の財政悪化指標と新球場建設』
(追伸(市税等の収納率))
(※7月24日追加1(助役選任同意案に対する質疑))
(※7月24日追加2(市長の海外出張と財政再建))


(No.177) 2006年 6月 1日 『官製談合に思う』
※6月5日追加(要綱の悪用)

(No.173) 2006年 3月20日 『議会と行政について』
(追伸(『改革病』について))

(No.171) 2006年 3月10日 『新球場建設への過去からの思いPart2』
(※3月12日追加(競輪事務局の事件))
(※3月14日追加(エンティアム案と今回のコンペ))

(No.168) 2006年 2月27日 『官製談合』
(※3月3日追加(広島地下街開発(株)経営陣の退陣)

(No.163) 2005年12月21日 『12月定例会で感じたこと(第三原爆特養ホーム)』
(※12月22日追加1(秋葉市政で否決又は修正可決された議案一覧))
(※12月22日追加2(職員の研修))
(※12月22日追加3(市長の行動))

(No.161) 2005年12月 1日 『平和大通りの平和の門について』
(※12月7日追加1(第三原爆特養ホームについて)
(※12月7日追加2(職員の教育について))
(※12月8日追加3(秋葉市長の本について))

(No.157) 2005年 9月22日 『新球場建設の基本方針について』
(追伸1(大リーグの新球場建設))
(追伸2(市長の退職手当))
(追伸3(『新しい広島づくり』発刊!))

(No.137) 2005年 1月 6日 『広島高速4号線高架下の駐車場について』
 (※1月7日追加1(独断専行の外部注入論の市民本位の政治))
 (※1月14日追加2(公共事業あり方検討委員会について))

(No.135) 2004年12月28日 『新球場建設について』
 (追伸)選挙公約の中の女性助役について

(No.134) 2004年12月22日 『秋葉市政と符合するもの』
 (※12月24日追加1(被爆60周年を迎えるにあたって))
 (※12月27日追加2(「三位一体改革」とは))
 (※12月27日追加3(市民球場の改修))

(No.133) 2004年12月10日 『秋葉市政とは何か』

(No.132) 2004年12月 6日 『マツダはなぜよみがえったのか』
 (※12月7日追加1(コンプライアンスについて))
 (※12月9日追加2(広島の都市像))

(No.131) 2004年11月24日 『インフラストラクチャーについて』
 (追伸)入札制度について
 (※11月29日追加1(公共工事の品質保全について))
 (※11月29日追加2(都市再生について))
 (※12月1日追加3(大衆の目は雪のように白い))
 (※12月2日追加4(日米都市サミットについて))

(No.125) 2004年11月 1日 『今、広島市がすべきこと』

(No.124) 2004年10月29日 『ライフライン』

(No.119) 2004年 9月 7日 『広島東洋カープについて』
 (※9月10日追加1(広島市の道路行政について))
 (※9月11日追加2(自治体の互助団体について))
 (※9月13日追加3(広島県市長会会長について)

(No.111) 2004年 5月28日 『新球場、南道路、広大跡地、日銀跡地』
 (追伸1)国民年金未納問題について
 (追伸2)広島地下街開発且ミ長について

(No.109) 2004年 5月14日 『財政再建団体に陥る、という脅しに敗けない』

(No.102) 2004年 3月18日 『市長インタビューでの発言について』
 (追伸)重要な長期計画を議決対象に

(No.101) 2004年 3月16日 『電力入札について』
 (追伸1)観音中の卒業式に出席して
 (追伸2)欧米と日本社会の仕事の進め方

(No. 98) 2004年 2月25日 『公共事業の見直しと議会について』

(No. 97) 2004年 2月16日 『公共事業の見直しについて』

(No. 96) 2004年 2月13日 『公共事業見直しと新年度予算について』

(No. 95) 2004年 2月10日 『本市職員の詐欺事件について』
 (追伸)本市財産の売り払いについて

(No. 94) 2004年 2月 6日 『太田川放水路渡河部の早期事業化について』
 (追伸1)「総務」型から「企画」型へ
 (追伸2)管理職の自己診断支援制度

(No. 93) 2004年 1月28日 『公共事業見直し委員会について』
 (追伸)詭弁論理学について

(No. 92) 2004年 1月23日 『スポーツ王国広島復活の足掛り』
 (追伸)市役所のしくみと仕事

(No. 91) 2004年 1月15日 『長野県の外郭団体見直しと広島市の公共事業見直し』
 (※1月16日追加1(横浜市の新時代行政プラン
                    ・アクションプラン)
 (※1月19日追加2(広島経済界について))
(No. 88) 2003年12月18日 『情報操作について』
 (追伸1)職員の給与カットについて
 (追伸2)秘書給与疑惑について

(No. 87) 2003年12月11日 『タウンミーティングでの市長発言について』
 (その1)平和の訴えについて
 (その2)募金活動について
 (その3)貨物ヤード跡地利用について
 (その4)公共事業見直しについて

(No. 85) 2003年12月 2日 『広島未来エネルギーの研究・推進組織について』
 (追伸1)広島地域の大学の活用について
 (追伸2)公共事業見直し委員会について
 (※12月4日追加1(市長の海外出張について))
 (※12月4日追加2(中田横浜市長『なせば成る』))
 (※12月4日追加3(秘書給与流用について))

(No. 84) 2003年11月28日 『市長の海外出張について』
 (追伸)財政再建団体について

(No. 83) 2003年11月18日 『プライマリーバランスについて』
 (追伸)議員定数について

(No. 82) 2003年11月17日 『公共事業見直し委員会について』
 (追伸)サッカー専用スタジアムの建設支援について

(No. 81) 2003年11月14日 『公共事業見直し委員会について』
 (追伸)「大規模プロジェクトの今後の見通し」との関係
(No. 80) 2003年11月12日 『公共事業見直し委員会について』
 (※11月13日追加(予算について))

(No. 79) 2003年11月11日 『貨物ヤード跡地利用について』
 (追伸)公共事業見直し委員会について

(No. 78) 2003年11月 7日 『公共事業見直し委員会について』
 (追伸)地井座長とは…

(No. 77) 2003年10月30日 『東京会館の運営について』
 (追伸)市長公館について

(No. 74) 2003年10月 6日 『海田町議会合併否決の要因』

(No. 73) 2003年 9月29日 『9月議会で気になること』
 (その1)市長の退職金について
 (その2)JR白島新駅について
 (その3)ユニタール広島事務所に対する支援について
 (その4)職員数の推移について

(No. 72) 2003年 9月26日 『消費的経費の削減について』
 (追伸1)隗より始めよ
 (追伸2)歴史を深く吸い込み、未来を想う

(No. 71) 2003年 9月24日 『公共事業見直し委員会の発言』

(No. 69) 2003年 9月 2日 『公共事業の見直しについて』
 (追伸1)市長の海外出張や夏休暇について
 (追伸2)湯布院町長等の逮捕について

(No. 68) 2003年 8月28日 『電子投票について』
 (追伸)キング牧師の言葉

(No. 67) 2003年 8月22日 『建設業界と公共事業の見直し』

(No. 60) 2003年 7月17日 『被爆60周年』
 (追伸1)広島・長崎講座
 (追伸2)公共事業見直し委員会

(No. 57) 2003年 7月 2日 『6月補正と市長の姿勢』

(No. 56) 2003年 7月 1日 『人を動かす』
 (追伸1)人を育てる
 (追伸2)仕事宣言

(No. 52) 2003年 6月13日 『元マツダ幹部の体験記』
 (追伸1)広島高速交通鰍フ人事
 (追伸2)広島高速道路交通量の下方修正

(No. 51) 2003年 6月 4日 『広島高速交通鰍フ人事について』
 (追伸1)元気な広島づくりのために
 (追伸2)広島西飛行場…東京便復活の思い

(No. 48) 2003年 4月30日 『原爆ドームの保存について』
 (追伸)政党機関紙の取扱いについて

(No. 47) 2003年 4月18日 『市長と局長との協約について』
 (追伸1)貨物ヤード跡地利用について
 (追伸2)三菱・JT広島工場閉鎖について
 (追加1)助役人事について
 (追加2)被爆体験証言者について

(No. 44) 2003年 3月20日 『住民投票条例と助役人事について』

(No. 36) 2003年 2月17日 『住民投票制度について』

(No. 30) 2002年12月24日 『広島の活性化』
 (追伸)三菱重工業広島工場の閉鎖
 (追加1)貨物ヤード跡地と構造改革特区について
 (追加2)住民投票制度・サッカー専用スタジアム

(No. 28) 2002年12月10日 『国道2号高架について』
 (追伸1)新しい都市の見方
 (追伸2)市民の声


(No. 26) 2002年11月14日 『原爆ドーム基金について』
 (追伸)市長の給与支給額
 
(追加)e−市役所について

(No. 25) 2002年11月 5日 『電子投票導入の経緯』
 (追伸)貨物ヤード跡地
 (追加)米中間選挙について


(No. 23) 2002年10月 9日 『ボルゴグラードとの交流』
 
(追伸)市長室改修と2台の専用車


(No. 16) 2002年7月25日 『市長の発言について』

(No. 13) 2002年7月 4日 『貨物ヤード跡地利用構想の決断』
 (追伸) 助役問題


(No. 11) 2002年5月24日 『サッカー王国広島の復活について』
 
(追伸) 行政内部組織

(No. 10) 2002年5月10日 『市政正常化への提言』

(No. 08) 2002年4月 2日 『助役人事に係る総括』

(No. 04) 2002年2月 8日 『新年度予算と暴走族対策』

(No. 02) 2002年2月 4日 『女性助役問題』