私の思い まちづくり・経済・交通 総務・人事 議  会 教育・文化
福祉・医療 平和・交流 その他 総合メニュー

(No.290)2009年12月28日

『政治不信/裸の王様』

1 政治不信

『アエラ(12月21日号)』の平成雑記帳・高村薫氏のエッセイで興味深い話がありました。「資産家の一族のふるまいに、唖然となる。億単位の政治資金は、何に使われるのか」という見出しです。


母親から政治家の息子二人へ、それぞれ月に千五百万円。五年間にしめて十八億円。政治家の一族のふるまいには、ただ唖然となる。いまや内閣総理大臣となった長男のほうは、ほかにも七千万円ほどの株式売却益の申告漏れを国税当局に指摘されたおり、単純に忘れていたと釈明した。

豊かな家庭に育ったからという本人の弁ではあったが、なるほど、こういう人が政治家になり、政権与党の党首となって、あるときは国民生活に目配りし、あるときは国防への責任を担うものなのか。これが政治というものなのか、と思うにつけ、あらためて政治と国民の距離というものを考えさせられたことである。

(中略)

そうした支出が数千万円か数億円かで、政治家の名前の大きさに差がついてゆくのだろうか。自民党時代がそうであったように、有力な政治家はいまでも派閥のメンバーにモチ代を配って、自らの地位を固めてゆくというのだろうか。

今秋、私たちが政権交代を強く望み、実現させた理由の一つに、こうした政治家の金に終止符を打ちたかったことがあるが、新政権を担う政治家たちの多くが旧世代の生き残りである以上、一朝一夕に変わることを望むほうが無理というものかもしれない。

読みようと、解釈のしかたで自民党、民主党どちらが政権についても政治は変わりようがないことを証明したことになり、国民の政治に対する不信感が急速に増加する原因になるのではないでしょうか。

エッセイの括りで「国の未来を案じる有権者はいま、いっこうに意思が見えない首相の、永遠の書生のような顔に、数百億円の資産で育まれた別世界の匂いを嗅ぎつけようとしている。民主党の初代首相として政治史に名を残すか、宇宙人で終わるか、早くも岐路である」とありました。

今の、政治を評論した興味ある文章であると思います。どのようにお感じですか。

2 裸の王様

次は、12月23日の産経新聞の「産経抄」を紹介します。


いつの間にか岩手県は「王国」になっていたらしい。現職の国会議員が公の場で言うのだから間違いない。「(自民党が占めていた)岩手2区をとって小沢王国が完成した。しっかりと国会で仕事をして小沢帝国を目指します」(畑浩治衆院議員)。

国王はもちろん、民主党の小沢一郎幹事長だ。20日に盛岡市内で開かれた記者会見では、王様のご機嫌を損ねてはいけないと家老たちが気を利かしたのだろう。質問は、「県政に関すること」に限られ、地元の記者しか許されなかった。

王様は新聞記者がたいそうお嫌いのようでもある。天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見について聞いた記者を「あまりにも無知でねえ、びっくりしたんですよ」とテレビでこきおろした。「陛下と外国要人の会見は、国事行為だ」と間違った知識を披露したのはご本人だったのだが。

鳩山由紀夫首相に「ああせい、こうせい」と命じるのも不思議ではない。国民との約束と称したマニフェスト(政権公約)をいとも簡単に破るのも大したことではないのだろう。なにしろ王様なのだから。

「羽毛田なにがしという宮内庁長官が会見まで開いて悪態をつく。頭にきた、僕は」と逆らった官僚をバッサリ切り捨てたのも王様らしい。陛下の信任を得ている長官への非難が、陛下のお心を悩ますことになるとは想像できないのだろう。

陛下は、きょう76歳の誕生日を迎えられた。司馬遼太郎風に書けば、ナマミの感情と肉体をもちながら、自ら法に化したがごとく「象徴」の役割を誠実に果たしておられる。そんな陛下に、王様ごときが、つべこべ言うのは無礼千万である。お追従する人間しか周りにいなくなった彼には「裸の王様」の称号を贈りたい。

この「王様」を広島市長に当てはめると、頷かれる方も多いのではないでしょうか。マニフェストを簡単に破ったり、官僚をバッサリ切り捨てたり、追従する人間も追従しなければならない人間も大変な状況だと思います。

今年は、国政は大きな『チェンジ』がなされましたが、先行きは一層不透明になっています。将来世代の負担を顧みない政策転換は、独裁政治に他ならないと思います。

一方、広島市は一歩先んじてもう10年以上も独裁政治が進行しています。本当の意味で市民のためになる、それも将来を見据えた、公平・公正な社会が実現するよう、さらなる『チェンジ』を目指さなければなりません。

その第一歩を踏み出すため、私も新たな気持ちで邁進していく所存です。寅年に因んで、新たなことにもトライしようと思います。

この一年、皆様には大変お世話になりました。新しい年が皆様にとりましてより良い年になりますよう、心からお祈り申し上げます。