私の思い まちづくり・経済・交通 総務・人事 議  会 教育・文化
福祉・医療 平和・交流 その他 総合メニュー

(No.271)2009年4月22日

『新規採用職員を迎えるに当たって』

桜の時期を過ぎたこの頃になりますと、4月の定期人事異動に伴う慌しさも一段落をしてきたのではないかと思われます。今年、新たに社会人になられた方も、多くおいでになると思いますが、是非とも若い力を思う存分発揮して、夢と希望にあふれる社会を創っていただきたいと思いますし、職場環境が変わられた方、めでたく昇任、昇格された方、あるいは、そうでない方も、気持ちを新たに、職務の遂行のため、全力を挙げて取り組んでいただくよう、お願いしたいと思っています。

さて、そうした中で、広島市では、新たに市職員になられる皆さんのための事前学習資料を作成し、配布されているようです。

              表紙

その狙いとして、

この4月から市の職員として、それぞれの職場で仕事をすることになりますが、そのためには、公務員としての役割の重要性や広島市についてのいろいろな知識が必要です。
   これらのことを皆さんが理解する一助になればとの思いで、この「フレッシュなあなたへ 2009」を作成しました。

ということが、この資料には述べられています。

こうした取組自体、確かに重要なことであると思います。また、その内容も、「行政のプロとしてのスタート」を切るために、最も大切な「市職員としての自覚」から始まり、広島市の歴史や各区のプロフィール、さらには、市政にかかわる基礎的なデータといったように、広島市の職員としての基本的な知識の習得という点では、必要な情報等も掲載されているのではないかと思っていましたが、今年の冊子を見ていまして、これはということがありましたので、そのことについて申し上げたいと思います。

まず一つは、「広島市の財政状況」についてです。

財政状況

御覧のように、平成21年度当初予算額が記載されていますが、まだ、議会での議決がされていませんので、この時点では、あくまで、予算案ということになります。しかし、そのことはここでは明記されてはいないわけですから、この数字が正規の予算額ととられかねないと思うのです。しかも、この度は、議会で予算の減額修正が行われているわけですから、今となっては明らかな誤りと言ってもいいのではないでしょうか。

二つ目は、「地球温暖化対策」に関して、紹介する部分です。

地球温暖化

 市政の重要案件として、この「地球温暖化対策の推進」を取り上げることには、決して異論を挟むものではありません。しかし、ここでも、いわゆる勇み足とも言える部分がありましたので、指摘しておきますと、それは「3施策の展開」に掲げられているもので、「総合的な仕組みづくり」として、「『地球温暖化対策等の推進に関する条例』制定」ということが挙げられていることです。

担当の方の気持ちは十分分かりますが、先ほども述べましたように、この時点では議会での結論は出されていません。そうした中で、「条例制定」ということを書くこと自体、理解に苦しむわけです。

あくまで、公が作成される資料ですし、ましてやこれから行政のプロとしてスタートする新規職員用の学習資料ですので、行政のシステムを踏まえた記載をするようにしなければならないではないかと思うのですが、皆さんはどのようにお感じでしょうか。