私の思い まちづくり・経済・交通 総務・人事 議  会 教育・文化
福祉・医療 平和・交流 その他 総合メニュー

(No.144) 平成17年 2月24日 『放影研の移転について』

 被爆60周年事業として多くの事業が予定されていますが、60年も経過したのに何の変化もない形だけの努力しかしていない通称「ABCC」放射線影響研究所の移転(比治山から千田町の元広島大学工学部跡地)は無策のままで歳月だけが過ぎ去っています。

 ここに、『平成17年度主要事業に関する要望書(国への要望)・平成16年7月・広島市』の一部を紹介します。「財団法人放射線影響研究所の移転について」の要望文です。

 財団法人放射線影響研究所(以下「放影研という。」は、前身である原爆傷害調査委員会(ABCC)として、昭和22年に創設されて以来、原子爆弾被爆者の健康管理と医療面の調査研究に大きな役割を果たしております。

 この放影研に関しては、
(1)  昭和22年のABCCの比治山への建設に際し、本市は反対したが、占領下で強行されたものであり、移転は全市民的宿願であること
(2)  古くから市民に親しまれてきた比治山は、貴重な精神的・文化的財産であり、比治山の環境整備はかねてからの懸案であること
(3)  広島市総合健康センター、広島赤十字・原爆病院等との有機的な連携を図るため、これら施設と近接する地域にあることが望ましいこと
という経緯があり、比治山からの早期移転が強く望まれております。

 本市においては、昭和61年度に、広島大学工学部跡地を移転予定地(7,000m2)として確保しており、放影研においても、平成4年度には「放射線影響研究所基本計画」が策定されるなど移転計画が進められていますが、米国側の財政上の制約を理由に、未だ移転関連経費は確保されておりません。

 また、平成8年7月に日米両国政府に提出されたブルーリボン委員会の報告書は、放影研の調査研究を高く評価したうえ、今後一層の機能充実を勧告しており、研究環境整備のためにも、一日も早い移転の実現が望まれます。

 以上の理由から、国に対して放影研の早期移転について要望しているわけですが、広島市がその土地を先行取得してから既に19年の歳 月が流れています。

 その経緯等を紹介します。

@  昭和61年7月31日
中国財務局より広島市土地開発公社が千田公園として先行取得
19億9,370万5千円(面積7,000.18m2
昭和61年10月9日
広島市土地開発公社より広島市が再取得
23億1,202万5千円(62年度以降4年間の分割払い)

A  現在、土地の管理は千田公園の一部として中区管理課が行っている。
(※実体は千田学区体協の管理下にある)

B  放影研の移転については、広島市総合健康センター、広島赤十字・原爆病院等との有機的な連携を図るため、これら施設と近隣した地域に移転することが望ましい。



 平岡前市長の時代には放影研移転を最重要施策として、国や米国へ人を介しながらも懸命な努力をされていたことを思い出します。現在、比治山に懸案として残っているのがNHKのアンテナとABCCの建物であり、これらの移転が比治山の全面公園化に繋がるものであります。NHKのアンテナはテレビのデジタル化のため絵下山へ在広テレビ各社との共同アンテナとして機能移転すれば、残るはABCCの建物だけとなるわけです。

 58年間も比治山で活動したABCCは原爆被爆資料や被爆者データ−の宝庫であり、核兵器使用を地球上からなくすためにも、また、産業・エネルギー社会におけるデータや、予防医学、被爆医療のための分析資料は、世界一の放射線に関する研究所であろうと思います。

 この被爆という負の遺産の上に立つ放影研を中核とした広島総合健康センター、広島赤十字・原爆病院、広島大学医学部、広島市民病院、広島県病院等々が連携しながら、世界一の放射線治療施設を立ち上げるのが広島市の役割ではないでしょうか。

 被爆60周年を迎える中でどうしても取り組まなければならない事業は先人たちの残した移転促進を早急に進め広島大学跡地の有効活用策の一環としてガン治療を初めとする医療福祉地域として再生させることだと思いますが、皆さんはいかが思われますか。

※2月25日追加(被爆50周年・60周年記念事業の比較)

 被爆50周年記念事業と被爆60周年記念事業の比較をしてみました。

    
 ここをクリックすると別ウインドウでご覧になれます。

 50周年記念事業が全部で17事業だったのに対し、60周年記念事業はその倍の33事業にもなります。細かな事業をちりばめた33事業には新規事業が14も含まれます。

 本文でも述べましたが、秋葉市長は、本来やらなければならない事業は手をつけようとせず、事業数の多さで60周年をアピールしようとしているのでしょうか。多くの市民は、50周年を一つの区切りと考えていたはずです。本来、市民が求めているものとは違った方向に進んでいるような気がしますが、皆さんはいかが思われますか。