私の思い まちづくり・経済・交通 総務・人事 議  会 教育・文化
福祉・医療 平和・交流 その他 総合メニュー

(No.82) 平成15年11月17日『公共事業見直し委員会について』

 8月21日の第3回広島市公共事業見直し委員会で、五十嵐委員は「この委員会の存在価値は、市民に対して『財政緊急事態宣言』を出すことだ」と主張されています。
 また、地井座長は「市民に対し、広島市の財政に生じている事態を理解していただき、なおかつ市民の方にもご不便をおかけしつつご支援をいただくということを明確にしていく必要がある」と述べられています。

 財政の危機的状況を理解していただくという主旨は分からないでもありません。私も前々から、財政に対して危機意識を持ち、それを脱するための市の横断的な取り組みが必要と述べてきました。しかし、このような外部の『学者』委員会に促がされて市が同調するような内容なのでしょうか。
 また、こうした発言からは、この委員会が純粋に公共事業を見直すという観点で臨まれているとは思えません。公平かつ冷静に判断をされるべきものが欠けているのではないでしょうか。

 また、肥田野登私案(2003.10.25未定稿)が市のホームページに掲載されています。本人の強い意向もあり掲載されたのでしょうが、その内容には理解しがたいものを感じられると思います。
 この私案には、全ての事業にABCDのランク付けがされていますが、委員会の中間報告で「中止することが適当と認められる事業」とされた5事業、つまり『@世代間交流拠点施設整備』『A広島国際見本市会場整備』『B川内土地区画整理』『C都市センター地区土地区画整理』『D河川マリーナ』は、全て「D」ランクです。しかし、この他にも「D」にランク付けされている事業はあります。

 主なものは、次のとおりです。
 『貨物ヤード跡地地区開発』…コメントは、総事業費未定。
 国施行道路整備事業負担金のうち、『西広島バイパス(2号線)』『広島南道路』『東広島、安芸バイパス』『佐東拡幅』…これらのコメントは、環境対応のため交通量減少させる視点がない。又現状での環境への負荷、及び転換交通量が考慮されていない。総事業費未定。
 『広島駅北口地区整備』…コメントは、総事業費未定。中止の場合の市の負担は18億円。
 『広島駅南口周辺地区市街地再開発(Bブロック)』…コメントは、総事業費117億円。
 『西広島駅北口地区まちづくりの推進』『広島高速道路全体(関連道路を含む)』『新交通西風新都線・関連街路整備』など

 貨物ヤード跡地地区については、先の記者会見でも、市長は「市側でお約束したことは大体クリアしている」と述べられました。土地の取得など多くの問題は解決したようなニュアンスでしたが、そうであれば市民の関心も高く、建設時期まで公言されているこの事業についても、この公共事業見直し委員会の中間報告で何らかの説明があってしかるべきではないでしょうか。
 また、国施行の道路整備(3分の1が市負担)についても、何故この事業が「D」ランクなのかと思われる方も多いと思います。コメントを見てもあまりにも分析が希薄です。
 その他にも、広島の活性化、街づくり、環境の改善、地域住民の安全確保の面などから、早期着工・完成が強く望まれている事業が「D」ランクとされていますが、明確な理由は見当たりません。

 『美しい都市広島をつくるために』という副題を付けられ、美しい都市広島宣言もされているようです。「美しさ」の意味合いも分かりにくいところがありますが、少なくとも公共事業見直しのプロセスは市民に分かりやすく、理解できるよう心がけてほしいものです。

  (追伸(「サッカー専用スタジアムの建設支援について)

 11月14日の決算特別委員会で、市長は「選挙公約に掲げた『サッカー専用スタジアムの建設支援』は、市が金を出すというもので掲げたものではない」旨の答弁をされました。
 公明党の渡辺委員の質問に答えられたものですが、詳しくは次のとおりです。

 「サッカースタジアムは、これはもともと、サンフレッチェの皆さん、市民と一緒につくるというお話を伺っていましたので、自分達でサッカースタジアムをつくるということについては、それはいろいろな形で支援をしましょうという約束はしておりましたので、そのことは当然盛り込みました。けれども、それも市としてお金を使ってサッカースタジアムをつくりましょうということではありません。そういう意味で、ハード的な面は財政の厳しさを反映して、ほとんど盛り込んでありません。」

 いかがですか。昨年12月の記者会見では、市長選を前にして、明らかに市が全面的に整備すると受け止められるような発言をされていました。
 前言をひるがえす発言は一度や二度ではありません。市民を欺く発言を繰り返す人が「政治は言葉」と言えるのでしょうか。
 サンフレッチェ広島がJ1復帰を果たし市民は今盛り上がっているときです。サッカーファンならずとも、怒りが込み上げる発言だとは思われませんか。